スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
はははは・・・・は
潜伏期間ざっと半月。放置プレイもいい加減にしろ!
っと言うわけでやっとこ更新です
東雲君ゴメンよ、持病のメンドクサーシンドロームが起こりまして…
申し訳ないですm(_ _;)m

近頃アビス、モンハンブームな物で夢の更新滞っていてすいません
バトンもかなりたまってますね~;;明日から答えますんでしばしお待ちを!




無駄にモンハン小説など・・・
さして面白みはありませんが興味がありましたらどぞ







空は何処までも青く高く澄み渡り
空気は程よく湿り気を佩び爽やかに吹き抜ける
草原には大きな草食獣が生まれて間もない子どもと草を食んでいた
そんな一面を覆う緑の中不自然な色彩が紛れ込んでいた
背の低い草野花でも木の実でも日陰に生えるキノコの物とも違う
火山帯に生息する毒トカゲと同じ赤い色が草原にポツンと一つ
それは人だった、年のころは19程若干幼さの残る青年の顔は苦虫を噛み潰したような顔をしていた。

「いくら一国の姫だからって火竜をペットにするのはどうかと思うんだよ・・・うん」

呟いた言葉は無意識に零れ落ちたものだろう、青年の足元には大空の覇者オスの火竜が四肢を投げ出し、物言わぬ骸と化していた
彼の仕事はハンターそして今回の目的は一国のお姫様が突如言い出した
「ワラワはオスの火竜をペットにしたいのじゃ!」
とゆう火竜にもハンターにも迷惑極まりない依頼、生かさず殺さず弱らせ捕獲するというものだ。討伐してしまっては意味が無い
しかし青年は、この巨大な生き物を鎖につなぎ閉じ込めようとする考えもが気に食わなかった
何よりも空の似合う覇者、それがこの火竜だ。
赤と緑の番いが空を舞う様は豪快かつ荘厳、人にはけして手を出すことの出来ない天高く飛び続ける様は正に覇者にふさわしい。
時に、家畜を襲い己の命を懸けて戦うことも在るそんな彼をせせこましい箱に押し込めるなんて信じられなかった。
しかし、だからといって仕事をしないわけにはいかない。青年にも生活があるのだ。しかも、更に上の仕事を請けるためにはコレをこなさなくてはならなかった。
だが、手加減するのは討伐するのよりも難しい。気を抜けばこちらがやられるし、やりすぎれば倒してしまう。
捕獲をしくじってこれで通算五度目、過去最高の失敗回数である
いくなんでもコレは少し問題だ。
村に帰れば先輩ハンターからお小言を頂くのは間違いないだろう

「うぅ~気が重いな・・・帰りたくない・・・な」

しかしそれも無理な話、いくらなんでも此処で生活は辛いものがある。
手持ちのアイテムには限りがあるし、今はいないが番いのメス火竜が帰ってきてはひとたまりも無い。
渋々と倒してしまった火竜から使えそうな素材を剥ぎ取ると両手を合わせ一例、彼なりの謝罪と気休めをしその場を離れた






「…ようやく帰還か、随分と時間がかかったなザナ」

門を一歩、それこそ誰にも気取られないように飛竜に近づくときより気を使っていたのに村に入った瞬間にコレだ、いくらなんでも早すぎる新米のザナとはいえ気配の殺し方は心得ているはずなのにこの速さ。油の切れた螺子宜しくギギッと音が立ちそうなほど首を回すと引きつった笑みを浮かべ

「俺、時々あんたが人間だと思えないことが多々あるんだけど」

「時々だか何時もだか解らないたとえだな、単独なら構わないが複数で狩をするとき支障がでる。きちんとした言葉を覚えろ」

オリーブ色の髪、常に皴の寄っている眉間につりあがった眉。
不機嫌を絵に描いたような男が背後に立っていた
それは、まるで先ほど倒した火竜がそのまま人になったような雰囲気をまとい深い色をした瞳は今にもザナを業火で焼き殺そうかとしているような視線で見つめている。

「ガイアさんこそ攻撃受ける度に喘ぐのどうにかした方が良いんじゃない?組んだ人が困るでしょ」

実力はともあれザナも言われっぱなしではない。捕獲を失敗した八つ当たりも混ざっているせいか言葉に棘がある。目上への対応だとかこのあたりのことをまったく忘れてしまっているようだ。
勿論コレが彼の逆鱗に触れないわけがない、半眼だったガイアの目がカッと開きつり上がった眉はますます高く、只でさえ深い眉間の皴はますます深く、火竜も真っ青の鬼のような表情でザナを睨み付けた。
火に油を注ぐとは正にこの事、本人が気にしているのを知っていてわざと言うあたり赤髪の青年も随分と負けん気が強いようだ。

「はっ、そこまで軽く口を叩くのであれば結果は出せたんだろうな」

ガイアの口元が弧を描く、只でさえ恐ろしい形相が更にすさまじいものになる。その笑顔は相手を皮肉りあざ笑う類のもの。彼は知っているのだろうザナがものの見事に捕獲を失敗していることを。


この後ものの見事に失敗を見破られたザナは村の真ん中で正座をさせられたまま小一時間ガイアからお小言を聞かされたのは言うまでも無い








ここまで読んでくださいまして有難うございます。
実際、今日リオちゃん(オス火竜)を捕獲しました・・・と言っても最後は妹に頼り捕まえてもらいましたが;;(滝汗)
どうも、ノーコンで捕獲用麻酔玉を三分の一の確率ではずしてしまうんですよね・・・超至近距離で
そして緊急クエの鉄男君(グラビモス)討伐もクリア
じゃじゃ馬なボウガンを作ったので今度はガンナーもやってみようかと

因みに私が操作しているキャラがザナで妹君のキャラがガイアさん
本当にガイアさんの声はセクシーで戦闘中喘ぎまくりです(笑)
小説はクエスト内容意外は勿論フィックショーンです、いないと思いますが無断転載は御法度ですのであしからず。
スポンサーサイト

駄日記  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。